人気ブログランキング |

HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

一歩ずつ、確実に。

一歩ずつ、確実に。_a0150315_20342647.jpg
皆様、待ちに待ったスノースポーツシーズンの到来ですね!
今シーズンも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

今回担当させて頂いたのは、昨シーズンめでたくSAJバッジテスト2級に合格されたお客様です。マイアスキーアカデミーのクラス分けではDクラスに相当する脚前。初滑りの今回、頂いたリクエストは“外スキーにバランスよく乗って、安定感のあるターンを思い出したい”という内容でした。
滑りを見せていただいたところ、ターンの山回りにおいて足首の曲がりが比較的大きく、スキーのトップからセンター部分への荷重が強いためにスキーのセンターからテール側の荷重と雪面へのグリップが弱くなり、スキーが横ズレしてやや安定感に欠けたターンをされていました。

最初にアドバイスさせていただいたのは前後バランスの調整です。(抽象的な表現ですが)スキーの真上に立ち、真上からスキーを押さえることで、身体の前傾が強い姿勢や後傾気味の姿勢で滑るときよりもスキーがたわみやすくなり、スキーの回転性能(進行方向を変えようとする力)を引き出しやすくなるのです。
続いて、スキーの“角付け”方法の確認と調整に移行。脛を前傾させてスキーのトップからセンター部分を雪に押し付けて進行方向を変える動きから、脛をターン内側へ倒す動きへ。これによってスキーをたわませるのに必要十分な角付けを行っていただけるようになりました。
これらの動きを以上の2点(できるだけスキーの真ん中に乗って角付けを行う)を、ゆっくりとした滑走スピードのなかで “プルークスタンス” (スキーのテール側を大きく開いた状態)で練習していただきました。プルークスタンスをとった場合には左右のバランスを崩しにくく、比較的ゆっくりとしたスピードで滑りやすいので、ターンに必要な動作を確認しやすいのです。

シーズン序盤、なかなか思い通りに滑ることができない方もいらっしゃると思いますが、そんな時には思い切って低速でのプルークボーゲンで滑ってみては。一見、遠回りに感じるかもしれません。しかしながら、滑走スピードも遅く、落ち着いて滑れるため、バランスや動きのチェックをしやすいのです。世界の第一線で活躍するアルペン選手でさえも、シーズン序盤にはプルークスタンスで基本動作をチェックする方も多いようですよ。

宮下 正
# by mia-academy | 2009-12-19 20:37 | ski

バランスのスポーツ


バランスのスポーツ_a0150315_12293626.jpg

今回はターン中のバランスに主眼を置いてレッスンを行いました。
主な内容としては、滑りを見せて頂いた際、ターンの内側に上体が大きく傾く「内倒」の状態であったため、基本姿勢を意識して頂くとともに、バランス感覚向上の為、両肩のラインを斜面に平行にする「ショルダーオリエンテーション」を意識して滑って頂きました。
雪面への板の角付けや、板への荷重を強めるために、ターン内側に上体を大きく傾けてしまう、「内倒」のままではバランスが取り辛い上、雪面状況の変化にも対応が難しくなり、次のターンへ入る際に体全体を大きく移動させなければならなくなります。
特に、内倒が顕著となるフロントサイドターンの際には、進行方向後ろ側の手を斜め上方に挙げるような動きをして頂きながら、板の角付けを上半身ではなく、脚部を主体として作っていく為に、腰を進行方向側の手でターンの内側に押して頂き、半ば強制的に外向傾姿勢(アンギュレーション)を作る練習も行いました。
バランスのスポーツ_a0150315_12313422.jpg

午後のレッスンも終わる頃、上体を大きく傾けたのと同程度の角付けを保ったままバランスを保てるようになり、まず、ロングターンでは切り替えのタイミングや上下動、リズムといったものに変化が現れました。そしてショートターンの際には体軸のブレが少なくなり、左右均等でリズム良く滑って頂けるようになりました。
私自身、劇的な変化をした方を見たのは久しぶりで、やはりバランスのスポーツであるということを改めてお客様から逆に学ばせて頂いたという感が強いです。
もちろん、バランスの修正は簡単なことではありませんが、シーズン序盤の今こそチャンスです。上記の方法は一例に過ぎませんが、前後、左右、上下、様々な方向のバランスを再調整してみましょう。

高畑 賢
# by mia-academy | 2009-12-18 17:30 | snowboard

合格への足がかり

 スキー担当吉村です。今シーズンもよろしくお願いします。
 本日のスキーレッスンは、今年SAJの正指導員を受検されるFクラスのお客様でした。マンツーマンでレッスンを行うことができたので、シーズン始めですが、合格するポイントを種目ごとに指導させていただきました。
 その中でも特にキーポイントとなるのがA単位の『回転技術~谷回りの原則的な運動~』という種目です。この種目において一番大事な点は、ターンが始まる谷回りの部分において谷足(ターン内側の足)にしっかり荷重し、重心が谷足に近づくことにあります。このとき谷側の脚の股関節は少し屈曲し、脚部を外旋させていくと同時に山側の脚の股関節は少し伸展させ、脚部を内旋させていきます。
 写真左はニュートラルポジション。(脚部の長さは同じです)
 写真右は谷回りに入った直後。(脚部の長さが違います)

合格への足がかり_a0150315_18345441.jpg合格への足がかり_a0150315_1835884.jpg











 この一連の動きが非常に重要な動きであるため、横滑りやプルークスタンスでの低速ターンなどで繰り返し練習を行いました。初めはぎこちない動きも徐々にスムーズになり、最後は小回りまで練習することができました。今後は急斜面での対応が鍵になると思います。急斜面においても、まずは低速のターンから徐々にハイスピードにしていくとよいでしょう。
 2月下旬あたりに、合格したお客様の笑顔をお待ちしております。
# by mia-academy | 2009-12-17 18:43 | ski

基本

基本_a0150315_1985632.jpg
本日レッスンを担当させて頂いたお客様は、スノーボードは初めてという方でした。板の説明からヨコ滑りまでレッスンをさせて頂きましたが、今回はレッスン内容で取り上げたいのは『基本姿勢』です。基本姿勢とは上下・左右など、どんな動きにも無理なく動ける姿勢の事をいいます。基本姿勢の形としては進行方向に片手を出し、目線と身体の向きを進行方向に向けます。そして大切なのは足元です。足首・膝・腰の三点を適度に曲げた状態(ジャンプして着地した格好が一番近いと思います)にします。このような格好をする事により板に対してバランスよく乗れるようになります。
この基本姿勢は初心者の方には慣れない格好ですが、綺麗な基本姿勢を覚える事は上達の近道となります。ぜひ暇なときにはエアー基本姿勢をしてみるのも良いでしょう。
                                                  本多亮太
# by mia-academy | 2009-12-16 19:09 | snowboard

スピードコントロール

スピードコントロール_a0150315_17543147.jpg
先日のレッスンに、今シーズン初滑りのお子さんが受講して頂いたので、レッスンの内容としては、シーズン序盤の時期はスピードが出すぎて、自分の中に恐怖心を残してしまうことがあります。その恐怖心を少しでも取り除くために、レッスンでは外脚のブーツのタングを触ってみたり、ヒザの上に手をおいて後傾を直すレッスンをしました。後傾姿勢のままでは、スキーのトップが雪面を捉えにくくなり、ターン弧が浅くなりその結果暴走した滑りになります。まだまだシーズンはスタートしたばかりです。今シーズンも安全に楽しいスノースポーツを送っていただけるように、われわれも力を入れていきます。

三原 義也
# by mia-academy | 2009-12-15 17:54 | ski



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30