HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

ショートターンのコントロール

今回は、2級を目指している方を担当しました。
このレベルの方になると、普段からカービングターンで滑る意識が強く、ショートターンでもエッジtoエッジでスピードに乗った滑りをされる方が多いです。
しかし、角付け、荷重が両足同時操作となり、スピードコントロールがし辛くなっている方も多いように思えます。
2級を目指されるレベルであれば、ズレとキレを使い分けてスピードをコントロールするターンを目標にしましょう。
そのためには、両足同時操作をしてしまうのではなく、前足から後ろ足への荷重の移動を意識してみましょう。ターンの前半は前足荷重、後半は後ろ足(両足)荷重といった具合です。
前半で前足荷重になることにより、板がズラしやすくなるのでターンのコントロールが容易となり、後半で後ろ足(両足)荷重をすることにより、キレ、エッジグリップを表現しやすくなります。
a0150315_19131797.jpg

両足同時操作とならないための練習法としては、先落としから停止というものがあります。
板を真横に向けて停止した状態から、前足に荷重を移し、ノーズをフォールライン方向に向けます。板が縦に向いたら、先ほど停止していたのと反対側のエッジで停止動作を行って下さい。この一連の動きの中で、前足から後ろ足(両足)への荷重の移動を意識してみましょう。板を立てすぎて急停止してしまったり、横に大きく動いてしまい、中回りのターンになってしまう方は、角付け、荷重動作のバランスがまだとれていませんので、横滑りから逆サイドの横滑りの状態になれるのを目標にバランスを調整してみて下さい。

これはひとつの練習法にすぎませんし、ショートターンという滑り方はターン弧の大きさのことをいっているのであって、両足同時操作でもショートターンは可能です。
しかし、検定に向けて板のコントロールを優先したターンをするには、上記のような荷重の移動を意識したターンのほうが向いているということです。
これを機会に荷重の移動を意識したショートターンでスピードコントロールされたターンも、身につけましょう。

高畑 賢
[PR]
by mia-academy | 2010-02-01 19:14 | snowboard
<< 移動手段? 身近な動作からヒントを・・・ ... >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31