HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

検定・大会で注意すること

総合滑降(フリー滑降)で注意している点
・構成
総合滑降では必ず2種目以上の滑りを入れることが前提となってきます。そのときにはリズムの変化がつきものなのですが、そこで今まで滑走していたスピードをあまりにも大きく落としたり、バランスを崩すわけにはいきません。当然スピードが遅い状態でのリズム変化なら気にするような事柄ではないのですが、ハイスピードでのパフォーマンスを要求される場合には前述したようなことに気を配っています。そのためにも、インスペクションの時点で斜度や斜面変化を見極め、自分の滑走のタイミングと合わせてリズム変化を入れるよう構成を練るようにしています。そしてジャッジの目線にたってどこでその演技をみせるのか、どうしたら見栄えよく映るのかを観察してから本番に臨むようにしています。
斜面の幅については、目いっぱい活用できるように構成し、パフォーマンスする場所を多く取れるよう心掛けています。それだけ大きくスペースを取ることができれば、無理にしっかりとしたショートターンを入れなくてもリズム変化を出すことができ、スピードを落としたり、バランスを崩すことなく最高のパフォーマンスができるでしょう。

田中 望
[PR]
by mia-academy | 2012-03-28 17:02 | ski
<< ③雪上における一時的な調整法-... 左右の差を調整しよう ③雪上で... >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
4月1日最終日
at 2018-04-03 22:00
謝辞
at 2018-04-02 18:18
本日最終日
at 2018-04-01 08:29
週末も良さそうです。
at 2018-03-31 08:15
コブリセット
at 2018-03-30 13:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism