HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

検定・大会で注意すること

小回りで注意している点
その①ポジショニング
大回り編その①でも述べたように、小回りのときにおいてもポジションは大変気を配っています。ロングターンと違い、狭いスペースの中で素早い動きを要求されるわけですから当然ポジショニングもシビアになってくるように感じています。ロングターンではターン中のニュートラルポジションを意識すると書きましたが、ショートターンではあまりそういったことを考えている時間が比べてみても少ないと思います。
そんな状態で良いポジションをキープするために、足首の緊張と足裏での圧の移動を心がけています。足首の緊張を解いてしまうと上体が後ろに遅れやすくなり、スキーが暴走してしまう原因になりかねません。足首を意識した上で足裏の中での圧を「前→真ん中→後より」と変化をさせ、上体などの高い位置から動かすのではなく、足元から意識して動かすことでブレを少なくしポジションが大きく逸脱しないようにしています。
そうすることでショートターンの中でもポジションを整えたまま滑走しやすく、失敗も少なくすることができるように思います。

田中 望
[PR]
by mia-academy | 2012-03-21 17:40 | ski
<< ⑳B級インストラクターの資格を... ロングターン③ >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
4月1日最終日
at 2018-04-03 22:00
謝辞
at 2018-04-02 18:18
本日最終日
at 2018-04-01 08:29
週末も良さそうです。
at 2018-03-31 08:15
コブリセット
at 2018-03-30 13:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism