HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

ショートターン⑥

ショートターン時に有効エッジを意識したことありますか?
有効エッジはボードと雪面が接地している所なので、その有効エッジが長く使えれば使える程、エッジングは安定します。しかし、ショートターンは早いリズムでのボードコントロールですので、長く有効エッジを使ったまま次の動きをしようとしてしまうとエッジが引っかかりやすくなってしまいます。抜重しすぎると反発に負けてしまうので、僕はボードと雪面が接地している所を短くする意識でボードを動かしています。ターン前半は前足で捉える意識があるのでノーズ部分の有効エッジを使って、テール部分の有効エッジを短くしてターン後半にかけて徐々に有効エッジを長く使う意識を持って滑っています。シーズン中に「安定したポジションは足元から」という題名で書かせていただきましたが、有効エッジをより使いこなせる足元の動きを身につけることができれば、もっと自由自在のショートターンに近づきます。


内田 義則
a0150315_1745655.jpg

[PR]
by mia-academy | 2012-03-05 17:06 | snowboard
<< アルペンスキーとスピード プライズ合格のために >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31