HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

プライズ合格のために

 今回の失敗例は小回りにおいて、身体が切り換えから谷回りにおいてターン内側に向き過ぎてしまうパターンです。
 身体が内側に向くということは、スキーの板の方向は変えやすいのでターンはしやすくても、肝心の谷回りがすぐ終わってしまい、ターン弧が小さくなってしまう方が多く見うけられます。また、スキーに重みがないために、推進力のターンとなっていません。
 まずはスキーに対して身体の向きは常に正対であるように心がけましょう!そして身体の向きの変化は、スキーの板の方向の変化に合わせるように、低速で練習しましょう。

a0150315_12455336.jpg


 次回も小回りの失敗例です。
[PR]
by mia-academy | 2012-03-01 17:36 | ski
<< テクニカル選手権で意識すること... ⑮テクニカル選手権で意識するこ... >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31