HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

⑭検定で意識すること(2級総合滑降編)

 ボードチームの藤井耕司です。
 今回はSIAスノーボードの2級の総合滑降についてです。1級より2級の総合滑降は、スピードは遅めです。ですが、谷回り(ターン前半)からの捉えは多少ズレてもOKなので必ず意識してきれいなターン孤を作って下さい。
 2級を取ろうとしている方に多いのが、ロングでも書きましたがバックサイドの抜けです。ある程度スピードがついてくると3ターン目くらいで転んでしまう滑りを見かけます。
 バックサイドで抜けないためには、いつもレッスンでも言っていることですが、重心の低い姿勢です。自分が思っている以上に低い姿勢が必要です。何回も書いていますが、ここがかなり重要です。自分に優しい方は1時間でも良いので自分に厳しくして下さい。
 上級者になってくるにしたがって必要になってきます。上級者になりたい方は特に胸が太ももに付くぐらい低くなりましょう。それが上級者になる第1歩です。
 ロングターンで行う斜面よりも上部になりますので、スピードも上がってきます。ロングターンから始める方は、斜度が一番きついところで行いますので、自分のイメージよりも低い姿勢で入っていって下さい。
a0150315_2254891.jpg

藤井耕司

次回は⑮「テクニカル選手権で意識すること(ロングターン編)」です。

※コース外を滑るのは止めましょう。コース外には雪が積もっているようで、圧雪が入っていませんので雪が薄いことが多いものです。自分が怪我をする可能性もありますし、板の滑走面が傷つくかもしれません。絶対、コース外に入らないようにしましょう。
[PR]
by mia-academy | 2012-02-21 22:55 | snowboard
<< 国際スキー技術検定 合格へのワ... アルペンスキーとスピード >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31