HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

ストック・ワークを見直してみよう! ②トランジションパートにおいて ターン内側への重心の移動を導く

 カービングスキーが普及しスキー回転性能が飛躍的に向上した現在では、特にロングターンにおいてストックを突かずに滑るスタイルも多く見かけるようになってきました。しかしながらトランジション(ターン切り替え部)においてストックを的確に突くことにより、よりスムースな重心の移動が可能になります。

 ターン内側への重心移動を第一の目的とする場合には、ストックをスキーヤー自身から見て“次のターン内側”の“(スキーヤーから)遠く”に突いてみてください。ストックを遠くに突くことにより、上半身が次のターン内側へと移動(重心移動)しやすくなることを理解していただけると思います。

 イメージの沸きにくい方は、まずは停止した状態で練習を(写真1)。その後、プルークボーゲンで滑りながらできるだけ自分から遠い場所へストックを突いてみてください。(写真2)

 ストックは必ずしも突かなければいけないものではありませんが、的確な場所へと突くことにより、重心移動を確実に行うことが可能となります。

                                                              宮下 正
a0150315_17362059.jpg
      1
a0150315_17362824.jpg
       2
[PR]
by mia-academy | 2012-01-23 17:38 | ski
<< 上半身のコーディネート② ⑨検定で意識すること(ショート... >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31