HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

プライズ合格のために!

 今回はニュートラルからターン始動期における重心移動をしっかり行う練習方法をご紹介いたします。前々回のデイリーオフアワーにおいて、重心移動を斜滑降しながら確認するというお話をさせていただきました。今回はその発展させた練習方法です。
 練習方法は簡単です。その斜滑降中に、写真のように山側の脚を上げるだけです。説明するのは簡単ですが、しっかり行うには意外と大変です。しっかり上げられない人もいれば、上がっていても、谷側にしっかり重心が移動しないで身体がクの字に曲がってしまう方が多いです。クの字になってしまうと、谷側のスキーの角付けが強まってしまうので、すぐに分かると思います。

a0150315_18523199.jpg

 しっかりと谷側の脚で立ち、スキーの面で立ちながら斜滑降できると、重心移動がスムーズにできるはずです。何度も繰り返し練習してみましょう!
 次回も練習方法をお伝えしようと思います。

吉村典行
[PR]
by mia-academy | 2011-12-29 18:46 | ski
<< 安定したポジションは足元から① “頭”でバランスを整える >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31