HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

プライズ合格のために!

 前回はニュートラルポジションのお話をしました。今回はそのニュートラルポジションからターン始動に移行する場面です。
 前回同様、プルークスタンスでのニュートラルポジション時の重心の位置はちょうど両足の真ん中にあります。その重心を少し谷側に移動します。この時、脚部の動きとしては谷脚の股関節をゆるませ、屈曲させます。写真①のような感じです。これと同時に谷脚の大腿部をターン内側に外旋させます。この時点で、すでに谷側のスキーのトップが少し谷方向に落ち始め、ターンが始まります。スキーの方向が変わり、1ターンが終わればもう一度ニュートラルポジションに戻り、この一連の動きを繰り返すことによって、連続ターンになります。

写真①
a0150315_17421969.jpg

 これらの動きは明らかに洗練されていないターンです。ですが、一番基本的で一番重要なターンであります。何度も繰り返し練習して欲しいものです。特にシーズン初めのこの時期こそ、しっかり練習もらいたいと思います。
 次回はこれらの動きを練習する際の注意点をお伝えしたいと思います。

吉村典行
[PR]
by mia-academy | 2011-12-17 17:42 | ski
<< 今シーズンより、お世話になります! プライズ合格のために! >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31