HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

コブ斜面へ挑戦する方へ その2

整地を多くの人が同じラインを滑走して雪面が削られてコブになります。
多くのスキーヤーが滑走して溝が深いものや滑走量の少ない浅いコブなど様々ですが、滑走に大事なことは、自分のレベルに合ったラインを見極めることです。
ラインを見極めるには緩斜面の浅いコブから徐々に斜度を増し自分に合ったコブ斜面を見つけることが重要です。
コブ斜面を初めての滑走する方が最初に斜度の急な深いコブへ入ってしまうと、次のコブへの落差が大きくスピードや板のコントロールが難しくなってきます。

基本的に、まずは深い溝に入らず緩斜面で浅い溝のコブから挑戦しましょう。
滑走する方法のひとつにプルークボーゲン(ハの字でのターン)がありますが、コブの上の方のラインをプルークボーゲンでブレーキングをしてスピードコントロールをしながら滑走し、コブを通過する感覚を身につけましょう。
次に、滑走するスタイルもプルークボーゲンからシュテムターン(ハの字からターンの中盤でスキーの板を平行にして曲がるターン)、シュテムターンからパラレルターン(スキーの板を平行にした状態で曲がるターン)へと滑り方を移行し、スピードコントロールをしながら緩斜面のコブで滑走できるようになれば、斜度が少し急になってもスムーズなターンが可能になってきます。

これからコブ斜面に挑戦をしようと考えている方は、自分のレベルに合ったコブ斜面の斜度やラインを見極めて積極的に挑戦することで滑りが洗練され、コブ斜面の克服に一歩近づきます。

松岡 翼
a0150315_17274165.jpg

[PR]
by mia-academy | 2011-01-31 17:28 | ski
<< ワンターン 確認しましょう その4 >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy