HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

腰の向き

 先日今シーズン1級を受検される方のレッスンを行いました。ロングターンにおいてもショートターンにおいても外向が強く、スキーの板の動きが進行方向にあまり動いていませんでした。
 カービングスキーで滑走する場合、従来のスキーよりサイドカーブがきついため、より回転しやすい構造になっています。その回転性能をより生かすためには腰の向きは重要な役割を果たします。進行方向にスキーの板をスムーズに動かすためには、進行方向に腰を正対させることです。ターンを行う際は、外脚を少し前に動かすようにすると腰の向きも進行方向に向きやすくなります。
 是非、練習してみてください。

吉村 典行

a0150315_17373426.jpg

[PR]
by mia-academy | 2011-01-19 17:38 | ski
<< 雪山での・・・ シュプール >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31