HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

バッジテスト総評

本日今シーズン3回目のSAJバッジテストが行われました。
1級が8名、2級が7名、3級が1名、4級が1名受検され、1級が2名、2級が6名、3級が1名、4級が1名の方が合格されました。その中で特に気になった点を今回述べさせていただきます。
1級の検定を行ってまず感じることは、荷重という操作がおろそかになっているという点です。近年、カービングスキーのおかげで、昔に比べるとターンをすることが非常に容易になってきていると思います。ちょっとした角付けで、誰でもターンができてしまう。しかしその分、スキーのサイドカーブに頼るターン弧しか描けない人が数多く見られました。
荷重するということは、スキー操作においては非常に重要な基本動作です。角を立てることだけでなく、板をたわませて滑れるようにならなければ合格という目標は見えてこないと思います。日頃から、スキーのセンターにしっかりと乗るということを忘れずに練習に励んで欲しいものです。

吉村 典行

a0150315_18575395.jpg


※ 3月20日(土)~22日(月)は都合によりスキーレッスンのクラスを制限させていただく場合がございます。何卒ご了承下さいませ。
詳しくはスキーアカデミーまでお問い合わせ下さい。

[PR]
by mia-academy | 2010-03-20 18:58 | ski
<< 楽しいターン 立ち上がり(抜重) >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31