HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

足元の向上

a0150315_18534721.jpg
今回のお話は板の装着です。板の装着は何気なく行っていると思いますが、意外と大切な技術と言えます。初級者の頃は緩く装着してしまい、板を上手く操作出来ずにターンなどで転んでしまう受講生の方もいらっしゃいますので改めて確認してみましょう。
板の装着時に大切な事は、板を流さずカカトをしっかりとハイバックの奥まで入れ、緩みのない様に装着することが必要です。
装着する方法としては、まず板が流れないように後ろ側の足で板と雪面を踏み固定します。そのあと、前足をバインディング内にいれたら後ろ足を板からはずし前足側の膝を伸ばしてハイバック側に体重を掛けると、トゥーサイド側のエッジが持ち上がります。このようにすると板も流れにくくカカトもきちんと入り易くなります。そして、流れ止めを着けてことで板の流れてしまうのを防止しましょう。
足元から確認してみると技術向上の近道となるかもしれません!
                                                    本多亮太
[PR]
by mia-academy | 2010-02-22 18:56 | snowboard
<< マテリアル バッジテスト対策レッスン >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31