HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

百聞は一見に・・・

a0150315_19482517.jpg
皆さん、こんにちは!スキーレッスン担当の宮下です。
今回は、元気いっぱいの小学生の皆さんと楽しく滑らせていただきました。技術レベルは初歩的なプルークボーゲンでリフトに乗って滑ることができるレベルです。
昨シーズンも何度かレッスンを担当させていただきましたが、初滑りということもあってしばらくは思い通りに滑ることができなかったようです。スキーの雪面グリップが弱いため、横ズレの多い滑りになっていらっしゃいました。
そこで、ターン中のスキーのグリップを改善し、より簡単にターンしていただくために、外スキーの“角付け”と“迎え角”にレッスンのテーマを決定しました。“角付け”とは、スキーブーツを傾け、スキーのエッジ(角)を雪に食い込ませる動きです。“迎え角”はスキーヤーが進んでゆく方向に対しスキーを横向きにしている度合(角度)です。外脚を”内股”にする動きと言えば、動きのイメージがつかみやすいかもしれません。この2つの運動を適度にミックスして行うことでスキーのエッジが雪面を捉えやすくなり、ターン(進行方向を変えること)がしやすくなる効果があります。
もちろんお子様には、このような専門用語を用いた説明はいたしません。お手本の滑りをわれわれが実際に行い、それを観ていただくことがスキー技術を指導させていただくうえでの基本と考えています。もちろん、安全を第一に考え、スノースポーツと親しむことで楽しい時間を過ごしていただくことが前提ではありますが。
お子様の受講者の皆様は、我々スキー教師の動きをよく観察していらっしゃいますね。そしてその動きを忠実にコピーできる彼らの吸収能力の高さには、いつも驚かされます。つまり、受講者の皆様の技術レベルに合ったわかりやすいデモンストレーションを行うことで、高いレッスン効果を期待できると言えるでしょう。
今シーズンもお客様に納得して頂けるわかりやすいデモンストレーションを心掛け、精進の日々です。

宮下 正
[PR]
# by mia-academy | 2009-12-26 19:57 | ski

ズラシ

a0150315_18483568.jpg
今回のレッスンではヨコすべりに対して指導をさせて頂いたのですが、このヨコすべり、初心者の方だけの練習方法ではありません。初心者の方へのヨコすべりでは主に斜面でのバランスと板のズラシ方を覚えて頂くのですが、このズラシは角付け操作の練習にもなります。それは、斜面に対し同じ方向へ同じ一定の力が加わっていれば板のズレ(幅)は角付けの量で決まります。この角付量をコントロール出来れば斜面に対して板を安定した形で進ませることができ、滑走バランスが格段に向上します。その点からも綺麗なヨコすべりは、様々な雪面条件下での滑走操作の練習となります。
初心者から上級者までヨコすべりで「ズラシ」の練習をしてみましょう。
  
                                               本多亮太          
[PR]
# by mia-academy | 2009-12-25 18:50 | snowboard

安全で楽しいスキーのために!

 シーズン初めにレッスンさせていただいていると、内倒気味の方をよくお見かけするように思います。確かに内倒されていてもターンができないわけではありません。ただ、スピードコントロールや色々なコースを安全に滑走しようとした際に内倒は弊害が出てきます。
 スピードが出た状態で、遠心力に対応するために内傾角(体をターンの内側に傾けること)を取ることは必要です。そのバランスを上手にコントロール出来ることが上級者への近道になってくるのではないでしょうか。
ターン中盤から後半部分において、内脚にかかっている体重を少し軽くするイメージを持ってみましょう。上体を大きく動かすというよりは、まず、足元から操作していくことを心掛けてみてください。バランスが良い方向へ変わってくるでしょう。
 安全で楽しいスキーシーズンを!

田中 望

a0150315_19191215.jpg

[PR]
# by mia-academy | 2009-12-24 19:19 | ski

子供スキー

a0150315_195165.jpga0150315_19152380.jpg








・今シーズン アカデミーでお世話になります新井です。宜しくお願いします。

・今回は、愛知県から7歳と5歳の男のお子さん(兄弟)が、2日半の予定でアカデミーに入校して頂きました。


1. 1日目…1日(Mコーチ)

NO項目内容
1指導内容①用具の説明
②片足、両足で歩く
③片足(両足)で走行
④ころび方、おき方
⑤三角で止まる
⑥プルークボーゲン  リフト…0本


2. 2日目…1日

NO項目内容
1目標①リフトの乗り方、降り方をマスターする
②リフトに乗り約2000メートルの緩斜面を降りて来ることが出来る。
2指導内容と①1日目でどれだけ滑れるか?確認
結果 ・7歳のお子さん…プルークボーゲンは、充分滑れる
 ・5歳のお子さん…プルークボーゲンで三角(ハの字) …もう少し
②リフトの乗り方、降り方を指導
 7歳のお子さん 1回目 降り場で転倒(2回目以降OK)
 5歳のお子さん 抱いて乗る、降りる(3日目 一人で降りれる)
③リフトに乗り約2000メートルの緩斜面を降りて来ることが出来る。
 バックボーゲンで、5歳のお子さんが先頭 7歳のお子さんが次ぎに滑る。
 ポイント…5歳のお子さんは、プルークボーゲンで三角(ハの字)が、
   まだ上手く出来ないのでトライスキーを使用
 ・リフト AM…1本 PM…2本



3. 3日目…半日

NO項目内容
1目標①5歳のお子さんは、三角(ハの字)をマスターする
②トレーンで回転弧の大きさを変え、スピード感覚を上げる。
2指導内容と①5歳のお子さんは、三角(ハの字)をマスターする
結果 …トライスキーをはずしても三角(ハの字)で滑れるまで上達した。
②トレーンで回転弧の大きさを変え、スピード感覚を上げる。
 …回転弧の大きさを変え、スピード感覚を身に付けれた。
 …前の人のラインをはずさず滑れるようになつた。
 ・リフト AM…3本(AMで終わり)


4.感想
・2日半の冬休みスキーで楽しく滑れ スキーが好きになり非常にうれしく思いました。
[PR]
# by mia-academy | 2009-12-23 19:16 | ski

荷重

a0150315_19265657.jpg

先日に受講していただいたお客様のレッスン内容は、内倒により適度な外足荷重が不足で不安定な滑りをしていたので、ストックを外側に傾けて外足荷重を意識したレッスンをしました。そのことにより外スキーに体重が乗りやすくなり、適度な荷重が生まれることから安定した滑りになります。他にもバリエーションとして内スキーを持ち上げて外足に全体重を乗せ、外足荷重の感覚をつかんでいただく練習をしました。
本日のマイアは久々の晴天で、雪質もきわめて良好でしたが、ちょっと寒く感じたかもしれません。ユニクロ製品に「ヒートテック」というアンダーウエアがありますが、動きを妨げず、なおかつ暖かい。私も使用しておりますが、ああした商品はウィンタースポーツを行う上では非常に有効です。

三原 義也
[PR]
# by mia-academy | 2009-12-22 20:00 | ski



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30