HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

ビデオレッスン

先日、ビデオレッスンを担当させて頂きました。2級を目指している方で自分がどんな感じで滑っているのか、そしてどのようにして直したら良いのかわからないとのことで受講されたようです。全体的にこの方は高い姿勢で滑られていました。その為、ショートターンでは膝が曲がっていなく、足先だけのエッジングになっていました。1時間ほど撮影をした後、室内で僕がどのような感じで膝を曲げているのか、一時停止やスロー再生で僕の滑りと見比べて頂き鏡の前で器具を使って低い姿勢を作って頂きました。実際に自分の滑りを何度も見て、悪い姿勢などを一時停止で確認して鏡の前で正しい姿勢などを作ってみたり、低くなるまでのタイミングをスロー再生で見る事が出来たので、そのお客様は納得してお帰りになりました。自分がどのように滑っているのかわからない人は結構いらっしゃると思います。そんな時、悪い所を一時停止やスロー再生で確認出来たら一目瞭然で納得出来ると思います。その直し方も僕らはアドバイスさせて頂きます。ご自分の滑りを実際に見てみたい人や、アカデミースタッフとの滑りと何が違うのか見比べてみたい人は、是非ビデオレッスンを受講してみて下さい。

内田 義則
a0150315_1751378.jpg

[PR]
# by mia-academy | 2010-03-07 17:52 | snowboard

視線 その2

自分が特に視線を下げ、スキーを見ていただきたいのは初心者の方です。ゲレンデで親御さんがスキーを教えているときに、「前を見て」と言ってもなかなか視線を進行方向へは配れないものです。そこで私のレッスンではまずスキーを取り付ける前に、ブーツの状態でプルークスタンスになっていただきます。その後スキーを取り付け、プルークの押しずらしの感覚を身に付ける練習をします。そして緩斜面へ移動し、プルークファーレンへ、、、、、、練習内容をスキルアップさせていきます。いずれも視線は移動せず、足元のスキーの動きを見てもらいます。以前、自分の子供にスキーをさせてみたものの上手くならず、レッスンに入れたいと申しこまれたお客様がいらっしゃいました。具体的に何をしたかを聞いてみた所、悩んだ顔で「視線を進行方向へ移動させようとしたが、顔がなかなか上がらない」と言われました。その子のレッスンではスキーに慣れるまで足元を見て、自然な動きを利用しました。
初心者は周りに目を配りにくいものです。スキーの上達とともに視線を上げていきましょう。

三原 義也
a0150315_17415073.jpg

[PR]
# by mia-academy | 2010-03-06 17:42 | ski

谷回り

ボード班の藤井です。
今回のお客様は「ロングターンで谷回り(ターン前半)がズレてしまうので、フルカービングで滑りたい」そして「1級を取得したい」という方でした。
以前、デイリーオフアワーで「スピードコントロール」(2010年1月21日)の深回りの話と「カービング要素(体軸)」(2009年12月20日)をお話しましたが、これをミックスすると谷回りからカービングができます。
まずは深回りのスピードコントロールを覚えましょう。コントロールを覚えれば安心して滑れる上に恐怖心もなくなります。また深回りする事で浅回りよりも重心移動が大きく動かせる為、この時に体軸をしっかり倒すイメージをしてみて下さい。最初は重心移動が怖いと思いますが、低速で始め徐々に高速にしていきましょう。加えて斜度も少しずつ上げていく事をお薦めします。段階を経ていけば確実に上達します。
谷回りが捉えられると重力のかからない部分を感じられ、とても気持ち良いターンが出来る様になります。是非体感してみて下さい。

藤井耕司
a0150315_17274637.jpg


板の手入れはされていますか?技術を磨くのも大切ですが、道具の調整もとても大切です。自分で手入れが出来ない方はチューンナップショップへ持っていき、プロの方に見てもらいましょう。道具が変われば滑りも変わります!
[PR]
# by mia-academy | 2010-03-05 17:29 | snowboard

目標

a0150315_18171983.jpg
シーズンも後半に入ってきました。皆様今シーズンの目標は達成できそうでしょうか。
先日のレッスンでお客様から「今シーズンは2丁目(スカイハイコース下部)を滑れるようになろうと思う」と目標をお伺いしました。その方はマイアにお越しになると、今までは避けていた2丁目に挑戦するようになられたそうです。より難しい斜面を滑走するようになり、1丁目(スカイハイコース上部)の滑りも恐怖心が薄れ、今までとは見違えるようでした。皆様シーズンを迎えるにあたり大なり小なり目標をお持ちであると思います。人生にしろスポーツにしろ、いつまでたっても終りはありません。その都度ゴールを設定することこそ上達への近道、そして努力するための活力になるはずです。
まだ目標の見つからない方!今からでも遅くはありません。是非、マイアスキーアカデミーで私たちと一緒に探していきましょう。少しでもお力になれるよういつでもマイアスキー場でお待ちしております。

安全で楽しいスノースポーツシーズンを!

田中 望
[PR]
# by mia-academy | 2010-03-04 18:18 | ski

ターンのコツ

a0150315_1852496.jpg
今回のお話はターンです。スノーボードを始めた頃ターンを覚える事は最初の目標となりますが、なかなか出来ないと思った方も多いのではないのでしょうか。ここではターンの導入時に練習するポイントを述べていきます。
ターンにおいて受講生の方でまず苦手とされるのは、板の先端を斜面方向に進めていく(先落とし)ことと、ターン後半のブレーキングです。先端を斜面方向に進めるためには、重心の移動や板の捻りを利用して板の方向付けをしてやりますが、この時のポイントとしては前足の方向に重心を移動させてやることにより先落としが容易になります。ターン後半のブレ―キングにおいては、緩斜面で直滑降からの停止を繰り返し行う事によりターン後半の安定性が増します。このような練習方法でターンをしてみてください。
ターンが出来るようになるとスノーボードの楽しさも一段と増しますので、ぜひ覚えていきましょう。
                         本多亮太
[PR]
# by mia-academy | 2010-03-03 18:06 | snowboard



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy