HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

ロングターン①

 今回は急斜面でのロングターンでのアドバイスをしたいと思います。
レッスン中によく思うのですが、急斜面を滑りなれていない人ほどボードを回そうとしてしまう人が多く見うけられます。上級者の方では切り替えが遅く、ボードに対してのエネルギーを加えるタイミングがすべて後半になってしまう。このような方は斜度に対して体の軸があっていないという理由が挙げられます。山側に重心が残ったままの軸で、次のターンに入ろうとしてもボードは切り替えにくい訳ですから、どうしても体を回すようなターンか、切り替えが遅れるようなターンになってしまいます。スムーズな切り替えや切り替え後の捉えを良くしたいと思っている人は、もう少し斜度に対して体の軸を合わせる意識を持ってみてください。

内田 義則
a0150315_1816176.jpg

[PR]
by mia-academy | 2012-03-14 18:16 | snowboard
<< 検定・大会で注意すること 国際スキー技術検定 合格へのワ... >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy