HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

ショートターン⑦

ショートターンで悩んでいる人は多いようですが、ボードの動きに対して自分がどのように動くか、イメージできない方が多いようです。人の後を真似して同じように滑るのも確かに勉強になりますが、自分のリズム・自分の回しやすいターン弧で滑ることも、ボードをコントロールする為の練習法になります。そして、僕は急斜面やゲレンデ状況があまり良くない時にショートターンをする時は始めからリズム取りやズレが少ないターンをするのではなく、始めの何ターンかはゆっくりなリズムで徐々にリズムを作るようにして、ズレ幅も徐々に少なくするようにして滑ります。ショートターンで後半にリズムが取れなくなるような方は、まずゆっくりなリズムから徐々に自分のリズムを作り、ターン弧もズラしやすいターン弧(気持ち大きめのターンサイズ)から徐々に自分の回しやすいターン弧(リズムが取りやすく徐々に小さめのターンサイズ)に変えて滑ってみて下さい。


内田 義則
a0150315_17452478.jpg

[PR]
by mia-academy | 2012-03-09 17:46 | snowboard
<< 検定・大会で注意すること 国際スキー技術検定 合格へのワ... >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy