HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

上半身のコーディネート④

急斜面でスムーズなターンを描こうとする時、常にボードに一定の力をかけ続けても、かといって一気に集中して力を加えても上手く滑れません。荷重と抜重はタイミングが重要で、そのタイミングの取り方のひとつとして呼吸があります。荷重も抜重も徐々に行なうことでスムーズなターンが可能になるのですが、呼吸を止めてしまうと体全体の動きも止まってしまうので、タイミング時の動きが急激になってしまいます。ポイントとして滑りのリズムに合わせて呼吸をするのですが、息をゆっくり吸いながら抜重をして息をゆっくり吐き、低い姿勢になりながら荷重をすることです。呼吸を意識することで肩に力も入りにくく、上半身も自然な構えになり、今までアドバイスさせていただいた①体の動き、②肩のライン、③頭の位置も良くなります。

内田 義則
a0150315_1839435.jpg

[PR]
by mia-academy | 2012-02-03 18:39 | snowboard
<< アルペンスキーとスピード ストック・ワークを見直してみよ... >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy