HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

⑩検定で意識すること(総合滑降後編)

 ボードチームの藤井耕司です。
 前回、総合滑降の重要なところで「スピード」と「ターンとターンの繋ぎ目」と書きました。今回は二つ目の「ターンとターンの繋ぎ目」についてです。
 ロングターンからショートターンやショートターンからミドルターンなど、ある程度スピードが乗った状態で、次のターンを展開しようと考えると難しくなります。特にスピード乗った状態でターンが縦に浅く回るようだと(前回も書きましたが)検定の評価が低くなります。スピードに乗った時は特にしっかり回し込むことを意識しましょう。
 トレーニング方法としてはミドルターン~ショートターン~ミドルターンの展開です。この展開をする際にある程度スピードをつけて頂き、最後のミドルターンで浅回りにならないように練習しましょう。スピードがあるとついつい浅回りになってしまいます。ローテーションや加重でターンのサポートをしてあげると孤の深いミドルターンになってきます。検定の際もしっかり回し込むターンを意識して検定にトライしてみて下さい。

藤井耕司
a0150315_1311721.jpg

次回は⑪「検定で意識すること(ミドルスイッチ編)」です。

※エッジの角はありますか?自分が思っている以上にエッジが丸まるのは早いです。コマ目にチューンアップをお薦めします。自分でできない場合はショップで入念な手入れを行ってください。
[PR]
by mia-academy | 2012-02-01 23:40 | snowboard
<< ストック・ワークを見直してみよ... プライズ合格ために! >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30