HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

⑨検定で意識すること(ショートターン編)

 ボードチームの藤井耕司です。
 今回は1級検定のショートターン編です。基本的に検定でのショートターンはコントロール系の種目です。コントロール系とはズレとキレを混合したターンになります。ハイスピードで滑れば合格するわけではありませんので注意して下さい。
 当スキー場で行う1級のショートターンのバーンは片斜面なので、レギュラーの方はフロントサイド側のターンが浅くなり、逆にバックサイドは長くプレッシャーをかけてしまう傾向があります。こうした状況下においても左右均等のターンを目指しましょう。
 練習方法はシンプルですが自分でカウントしながら滑るのが一番です。片斜面ということもあり、なかなか同じタイミングで滑るのが難しいと思いますが、リズムを数えながら何度も反復することで体が覚えてくれます。
 1級の場合、4種目もあり苦手なものを後回しにすると、検定日が近づいた時に後で苦労しますので、苦手な種目ほど早めに解決しておきましょう。
a0150315_19331048.jpg

藤井耕司

⑩次回は「検定で意識すること(総合滑降編)」です。

※スノーボーダーの皆さん、板を持ち運ぶ時にウエアにつけて持っていませんか?エッジで大事なウエアが傷つきます。持ち運ぶときは板と体を離して持つように注意しましょう。
[PR]
by mia-academy | 2012-01-22 19:33 | snowboard
<< ストック・ワークを見直してみよ... ストック・ワークを見直してみよ... >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy