HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

⑦「体が慣れてきた段階でのミドルターンで意識すること」

 ボードチームの藤井耕司です。
 今回のテーマは「体が慣れてきた段階でのミドルターンで意識すること」です。それ以外でも意識するところはありますが、私は谷回り(ターン前半)を重視しています。
 展開が早いのでターン前半から意識しないと、体が遅れたり、雪面に対するプレッシャーが山回りになり遅れたりする場合があります。したがって、出来るだけ早い段階で雪面に対するプレッシャーを早くする意識をもちましょう。
 練習方法としては山回りから谷回りに入り、ボードが切り換わったタイミングで極端に早くプレッシャーをかけます。板が斜面に対して横になっている状態でプレッシャーをかけるイメージです。ある程度スピードのある状態で行うと板のサイドカーブで回ってきます。慣れてきたら極端な動きから流れのある止まらない動きに換えていくようにしましょう。
 スノーボードの上で上下の動きを止めないように出来れば、転倒は軽減されバランスがとれるようになります。谷回りに入っていく時に恐怖心が出ることがあります。自分の出来る範囲でトレーニングに臨みましょう。
a0150315_19323928.jpg

藤井耕司

次回は⑧「検定で意識すること(ロングターン編)」です。

※滑り出しに注意しましょう。後ろから人が来ている可能性があります。必ず後ろチェックしてスタートするようにしましょう。
[PR]
by mia-academy | 2012-01-12 19:35 | snowboard
<< プライズ合格のために! プライズ合格のために! >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy