HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

急斜面での練習法

シーズンも残り1ヶ月を切りましたが、いまだに急斜面を滑るときに苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか。急斜面はスピードが出るからとか、転ぶかもしれないからといった恐怖心を先に抱いてしまっては体も思うように動けません。そうした方にとっての打開策としては、連続ターンをいきなりするのではなく、まずは目線の高さや、その角付けでの安定したポジションを意識して斜滑降をしてみることをお薦めします。斜度が急になる程近くを見ようとしてしまい、角付けが強くなる程バランスもとりにくくなります。こんな状態でターンをしようとしても、思うようなターンは描けません。斜滑降でバランスが取れるようになったら次に斜滑降しながら上下動をします。上下動をしながら滑っている時にボードがズレてしまったり、山側に体が倒れてしまうことは安定した所に乗っていない証でもあります。急斜面で上下動が安定してできると、ボードの上で上手く動けているのでリカバリー能力もアップします。この練習は不整地においても同様で、ボコボコしていてターンがしにくそうだなと思ったら、まず斜滑降で安定できる姿勢を見つけてみて下さい。このような地道な練習が、急斜面でもスムーズなターンへと導いてくれます。

内田 義則
a0150315_1721434.jpg

[PR]
by mia-academy | 2011-03-15 17:22 | snowboard
<< 目線の近い方へ マテリアル >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30