HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

重心移動(スキーへの角付け)と荷重で快適なターンを 

スキーの角付け・重心の移動を行っているけれども、期待したような深いターンを描けない、スピードコントロールがしにくい方は、滑走中の姿勢をチェックしてみましょう。身体の関節(主に膝・股関節)に大きな捻れや曲がりがありませんか?(写真1・2)

このような自覚のある方は、捻れや曲がりの少ない姿勢、“普段立っているときの姿勢” (写真3・4)で滑り出してみてください。スキーに体重を乗せやすくなり、適度なスキーへの角付け(ターン内側への重心移動)ができていれば、ターンしやすくなるはずです。

角付けされた(重心を回転内側に運んだ状態の)スキーに十分な体重を乗せることでスキーの持つ回転性能が発揮されターンし始めるのですが、身体の関節(主に膝・股関節)をかなり曲げたり捻った姿勢で滑った場合、力の伝達効率は劣ってしまいます。スキーへの角付け(重心のターン内側への移動)と必要十分な荷重の両方が行われた結果、スキーの回転性能(スキーがターンを描く性能)が発揮されるのです。

宮下 正

a0150315_17354510.jpg
              ※1
a0150315_17355622.jpg
              ※2
a0150315_1736595.jpg
              ※3
a0150315_17361558.jpg
              ※4
[PR]
by mia-academy | 2011-03-02 17:41 | ski
<< スケーティング バッジテスト >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
アカデミーのシーズン最終日
at 2017-04-02 17:37
予想外のパウダー
at 2017-04-01 19:05
まだまだ雪が降ってます。
at 2017-03-31 16:13
ぽかぽか陽気
at 2017-03-30 16:05
晴天の一日
at 2017-03-29 17:11
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism