HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

プルークファーレンからターンを始める方へ

この日、受講された方は「ゆっくりとプルーク(ハの字)にして真っ直ぐ滑走できるので、今度は曲がって滑ることができるようになりたい」という方でした。

まずは、緩斜面の短い距離でプルーク(ハの字)を大きくしたり小さくしたりしてスピードコントロールときちんとブレーキングができるかどうかをの確認をしました。
そして、徐々に滑走距離を伸ばして練習を行いました。
滑走スピードが速くなると恐怖心が出てきますが、そこでスピードの上げ下げを行いブレーキングができるようになることで、恐怖心も徐々に消えていく事を感じていました。

次はプルークボーゲンです。
プルークボーゲンとはプルーク(ハの字)ポジションのまま左右のターンをする技術です。

まずは、生徒さんと一緒に滑走し、ハの字がキープされていれば、スキーは曲がってくれます。
これを何度か練習し、更にコントロールされたターンにもっていくためには、ターンごとに体重の移動が必要になってきます。ハの字のままゆっくりターンをしていき、スキーが曲がり始めて次の方向(例えば、右から左方向にスタートし、スキーがまた右方向を向いた時点)を指した時に、谷側になっている脚部の方向(外スキー)に徐々に体重をかけていきます。そうすることによって、ひとつひとつのターンにメリハリができ、スピードコントロールもしやすくなります。
最初はターン弧の浅いターンから徐々に深いターンにしていきます。
何度か同様の練習を繰り返すことにより、生徒さんは外スキーに体重を乗せターンをする感覚が身について自分で意識して曲がりたい時にターンができるようになりました。
このように、プルークボーゲン時に目で行きたい方向を見る動作と、外スキーに体重を乗せることにより浅いターンから深いターンへと洗練していきます。

松岡 翼
a0150315_18315733.jpg

[PR]
by mia-academy | 2011-02-23 18:32 | ski
<< 膝を曲げる練習 片斜面 >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31