HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

アルペンボードにトライ

先日、アルペンボードのお客様を担当しました。
アルペンボードは、マテリアルの特性を生かせば手軽にカービングターンの爽快感を味わえることもあり、フリースタイルボードやスキーから転向される方も多く、近年マイアでも徐々に人口が増えつつあります。

ご存知ない方のために、特徴としては板のフレックス(硬さ)、トーション(捻れ強度)がフリースタイルボードより硬く、板をしっかりと立てやすい上、板のシェイプが細いので、素早い切返しが可能といった点が挙げられます。しかし、板やブーツが硬い分、正しいポジションに乗れないとバランスが難しく、板を立てにくいという側面もあります。

今回のお客様は、フリースタイルボードからの転向組で、なかなかカービングができないとお悩みでした。
まず、フリースタイルからの転向で一番ありがちなのが、エッジングの感覚が、つま先とかかとのままになっているというものです。
板が細い分、スタンスアングルが前向きに近い状態なのですが、にもかかわらず、横向きのスタンスと同じようにエッジングをしてしまっているということです。
足裏の感覚をつま先、かかとではなく、足の外と内という風にイメージしてみて下さい。
端的に言えば、体の前後ではなく、左右のバランスに転化するということです。
a0150315_18401661.jpg

そして、左右の腰骨の位置を意識しながら、ターンの内側へ傾き、内傾軸を作ります。
上半身だけを折るのではなく、腰骨をターンの内側に倒していくイメージです。
以上の2点を意識して頂くと、比較的簡単にズレのターンからキレのあるターンを作っていくことが可能です。
ポジションが難しいですが、限界スピードを上げたり、カービングの爽快感を味わうには持ってこいのマテリアルです。機会があれば是非トライして頂きたいものです。

高畑 賢
[PR]
by mia-academy | 2010-03-28 18:40 | snowboard
<< 楽しさ マテリアル >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30