HOT DRIVE

スキー&スノーボード2004-2005

ターン弧の大きさと変化

上級者の方でカービングターンが出来てはいても、常に同じターン弧で滑っている人を見掛けます。しかし、一言でカービングターンといってもいろいろなターン弧を描く事が出来ます。では、どのようにしてターン弧の大きさを意識して変えられると思いますか?それは切り替え時の重心移動の大きさと、その時の移動スピードによってターン弧の大きさは変えられます。いろいろな組み合わせがありますが、ここでは大きく分けて2つの組み合わせを説明したいと思います。まずは、重心移動を少なめに移動スピードもゆっくり行ってみて下さい。このような運動を行った時は切り替え後の荷重も遅くなる為、比較的にボードが進む軌道もゆっくりと大きなターン弧になります。この滑り方は緩・中斜面で広めのコースを選んで滑って頂くと、これからカービングを練習したい人には良いトレーニングになります。もう1つは重心移動を大きく、移動スピードも早く行ってみて下さい。この運動を行った時は上下の動きが少なくなり、切り替え後の荷重も早く、谷回りからの捉えがよく、比較的深く小さなターンが出来ます。この滑り方は、急斜面やスピードに乗った時に有効的です。ここではあくまでも極端な2つの組み合わせを説明しましたが、状況に合った移動量・スピードの組み合わせでいろいろなターン弧を描き楽しんで下さい。

内田 義則

a0150315_17194898.jpg

[PR]
by mia-academy | 2010-02-26 17:20 | snowboard
<< スキーを操る! 視線 その1 >>



マイアスキーアカデミーから最新情報をお届けします!
by mia-academy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
滑りやすい1日
at 2017-12-11 20:39
初日曜日
at 2017-12-10 22:20
2017-2018シーズンス..
at 2017-12-09 22:25
アカデミーのシーズン最終日
at 2017-04-02 17:37
予想外のパウダー
at 2017-04-01 19:05
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism